忍者ブログ
柴犬系雑種そらのほぼ通院日記(汗)
2017.04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [363]  [362
病院行ってきた。 
本来休診日だけど緊急性のある患畜のみの診察・オペなので待合室は誰も居なくて静か。
入院してるわんにゃんの鳴き声が遠くから聞こえるのみ。 



診察結果は 
体重10.87kg 日曜よりも0.37g増 

日曜に朝霞まで行って神山先生に診てもらったんだけど昨日神山先生からK先生に電話があったらしい。 
診断結果の共有で一応神山先生のほうが先輩なのでってのもあるかもだけど神山先生は血管肉腫を疑っていたけどK先生は自分の担当患畜が最近悪性リンパ腫でエコーが似ていたってのもあってそっちを疑ってた、というのもあったからかもしれない。 
けどK先生もイヤな顔せず神山先生の意見も取り入れていたしあと院長も診てくれて結果は 
やはり12歳という年齢・心臓疾患があるのでオペ内容自体は問題ないけど麻酔のリスクが・・ 
だよね、だよね~とワタシ達も思ったけどやっぱりその通りで。 

そして失礼な話かもしれないけど、そらちゃんは12歳だしあと10年生きるとかだったらオペを推奨するけど普通に考えて寿命は15歳位。 
だからここで急いでオペして麻酔で亡くなってしまうとか考えるよりそのまま投薬治療でも2年は生きると思う、ということでした。 

院長が心音聞いたらやはり心臓肥大(僧房弁閉鎖不全症)だね、と。 
腫瘍のほうはステロイドで抑えつつやっていこう。 
という見解になり(ワタシ達が大学病院よりも山口獣医科でお願いしますと言ったので)投薬治療になりました。 

うんちの状態もかなり良くなっているのでそれもあったんだけど、それでも心薬2種類は続行・プレドニゾロン(ステロイド)追加。
 

今残ってる抗生剤はあと3回分飲み切って終わり。 
ということで3種類の薬を飲ませて様子を見ることになりました。 
オペしなくて良いという点では安心したけど薬か~というカンジ。 
実はピルポケット、昨夜からバレて飲まなくなってて・・今はササミに入れ込んで何とかだけどそのうちバレれるので試案ちう。 

そうそうもしオペするならK先生が執刀だったんだけど、院長と相談してたら院長のやり方のほうが早く終わるって聞いてさすが院長だなぁと。 
院長の診察・説明も分かりやすかったし。 
つかホントあの病院の先生だったらどなたでもと思う位の腕を持ってる人ばかりだからあれなんだけど、やっぱ院長って印籠がドーンとくるよね(笑) 

という訳で次回は2月末。
またK先生と院長の診察になるそうです。

診察代   500
薬代    2000
薬代    1000
------------------
合計    3500円


にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

PR
そらの兄弟・姉妹たち





左から:海くん(カイくん)・そら・はなちゃん・ももたろうくん
受賞しました♪
2010/2/12
Cool Dog Site
of the Day JAPAN
誕生日
ブログ内検索


プロフィール
HN:
c.h.i.e.z.o.u
性別:
女性
職業:
ご飯・お散歩要員(笑)
自己紹介:
そらとくま(旦那)と横浜の端っこでの3人暮らし。

そら 2004/6/18生まれ ♀ 
里親募集掲示板で一目ぼれし数ヵ月後我が家の一員に。
♂♀2匹ずつの4匹兄弟の末っ子。
生まれて来たときも一番小さかったようですが未だに一番小さいです(笑)
それが原因なのか胃腸が弱くて嘔吐・下痢を繰り返していたので2009年6月手作り食に切り替えました。
そして早期避妊手術の為術後3年目に後遺症として尿失禁に。
月1回の通院と2日に1回エストリール服用中。

2011/1/13 左目に出来たマイボーム摘出
2011/1/27 無事完治

2011/3/27 大好きなボールレトリーブ中に右後ろ足の前十字靭帯断裂
かかりつけ医に行くも靭帯の手術はやっておらず大学病院を紹介される
2011/4/14 大学病院にて診察
2011/4/21 手術が決定し入院
2011/4/27 退院
2011/5/11 抜糸

2011/8/29 手術から3ヶ月の経過は順調で毎月の通院から次回は3ヶ月後の12月位となりました。
それでもまだまだ油断は出来ないので今まで通りのお散歩で様子を見て行こうかと思っています。

2011/11/28 術後半年にて走ることと長距離の散歩が解禁となりました。

2012/5/31 半年振りの通院にて完治!怪我をした右足にシッカリと筋肉が付き、関節液の出方も少ないし何より歩行に問題がないので完治!という事になりました!!
怪我をして1年2ヶ月・・・結構長かった~(汗)
治ったからと言っても油断は出来ないので前のような激しいレトリーブは出来ないし↓の禁止事項はそのままなのですが足枷が取れたようなカンジでホッとしています。

禁止事項
・階段上り下り(特に降りるのが危ない)
・フリスビー
・後ろ足2本立ち
・滑る床での生活(マットなどを敷いて滑らないようにする)

2012/11/21 10月の診察でも聞こえたらしいが心雑音アリで「僧帽弁閉鎖不全症」と診断。
今すぐ検査・投薬治療という事ではないので一安心。
でも咳や疲れやすいなどの症状には目を光らせなければならない要経過観察という状態です。

2016/10/20 少し前から咳の症状が出てきてしまい酷い時には毎明け方酷い咳き込みをするようになったので投薬治療開始。
フォルテコール5mm×1Tを毎日飲ませ2週間様子を見たところ咳が収まりつつあるので「僧帽弁閉鎖不全症」からきている症状となりフォルテコール服薬継続が決定。
飲ませてからは空咳がたまに出るものの普段と変わらぬ生活をしています。

2016/12/26 諸事情によりフォルテコールからアピナックに、尿失禁が落ち着いているのでホルモン剤エストリールを1日おきから3日おきに減薬

2017/1/30 咳・関節に効くというのでサプリメントをシノヴィからアンチノールに、更に先月より減薬しているエストリール、減薬しても症状が安定しているので5日おきに減薬。来月も安定していれば投薬中止予定。

2017/2/15 脾臓に出来た腫瘍を摘出するか迷ったが院長・主治医の見解により麻酔のリスクが高いので投薬治療のみにすることに。
心薬2種類・ステロイド服用開始。

2017/3/2 夕方、容態が急変し約12時間嘔吐等を繰り返したのち3/3(金)AM5:35虹の橋を渡りました。。
12歳9ヶ月、色んな思い出を残し最後まで手のかからない子でした。
里親募集中!!
ワンコ・ニャンコを飼いたい!と思ったらまずはココから。 ペットのおうち


犬譲渡BLOG
~いつでも里親募集中~


犬・猫を家族に迎い入れる前に。
ペットショップにいくまえに
犬と猫に危険な食べ物

犬の十戒
猫の十戒
犬の聖歌
虹の橋

メールはコチラ
モデルしました
日本大学生物資源科学部
GREEN CAMPUS 2012 Vol60

Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]