忍者ブログ
山梨県からやってきたふわふわもこもこ洋犬ミックス壱桜(いっさ)の成長日記。たまに先代犬そらの思い出なども。。
2017.06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311
今月に入ってからだから10日ほど経っているのだけれどそらがありとあらゆる所を痒がっていて抜け毛がハンパない。
早く連れて行けば良かったんだけどそのうち治るだろう・・・とか近々シャンプーするから・・・となんか行きそびれてしまいやっと行ってきた。



水曜の午前中なのに珍しく混んでいて結構待ったねぇ(汗)

待つこと1時間、やっと呼ばれ診察室へ。
本来なら大抵月末に行っているので先生にしたら「どうしたの??」っと。
前回のお腹壊したのもそうだけど今月は通院が多いな(汗)

左右前足の脇部分・顔全体・右後ろ足膝などなど結構痒がっている範囲が広くて一部はカサブタになっている所もあったり・・・と診てもらうと何かのアレルギーではなさそうだし虫さされでもないねぇ。
と塗り薬・飲み薬を出されることに。。


ラリキシン 250mm ×20(10日分)
クレマスチン 1mg  ×20(10日分)
塗り薬 薬品名不明だけどステロイドも入っているサラっとしたローション状のもの。


体重 11.6kg ちょい増えた・・・(-_-;)




診察代     500
内服薬      1000
内服薬      1000
外用薬      1000
------------------------------
 合計     3.500-


この間の下痢の時と似たような大きな薬がまた処方されちゃったけどチーズに包んで食べてもらわないとなぁ。
バレないように内職しないとっ(^_-)



メモメモ
シャンプーはしたほうが良いかもだけどぬるま湯で洗って高温のドライヤーは使用禁止。
熱めのお湯も高温のドライヤーも皮膚に熱が篭って痒みが増すとのこと。
本当はタオルドライはアレだけど(ちゃんと乾かないと皮膚に良くないので)今の状況だとまだそのほうが良いからタオルドライのほうが良いかも。

と言われたけど・・・そらの場合ちゃんと乾かさないととめどな~~く毛が抜けるので考え物。
ドライシャンプーとかシャンプータオルとかも聞いてくれば良かった・・・(-_-;)

塗り薬は塗って30分はなるべく舐めさせないようにと。
ということで散歩に行く前とかに塗るのが良いかも。




にほんブログ村 犬ブログ へ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
c.h.i.e.z.o.u
性別:
女性
職業:
ご飯・お散歩要員(笑)
自己紹介:
くま(旦那)・壱桜と横浜の端っこでの3人暮らし。
2017/3/3にそらを亡くし当分わんこは・・・と思っていたのですが縁あって壱桜に出会い迎えることになりました。
それに伴い「そらいろにっき」から「何して遊ぶ??」に変更。
壱桜の成長日記とたまにそらの思い出話なども。。

壱桜の誕生日



里親募集中!!
ワンコ・ニャンコを飼いたい!と思ったらまずはココから。 ペットのおうち


犬・猫を家族に迎い入れる前に。
ペットショップにいくまえに
犬と猫に危険な食べ物

犬の十戒
猫の十戒
犬の聖歌
虹の橋

メールはコチラ
ブログ内検索
RSS

お友達リンク
そらのこと。



左から:海くん(カイくん)・そら・はなちゃん・ももたろうくん


そら 2004/6/18生まれ ♀ 
里親募集掲示板で一目ぼれし数ヵ月後我が家の一員に。
♂♀2匹ずつの4匹兄弟の末っ子。
生まれて来たときも一番小さかったようですが未だに一番小さいです(笑)
それが原因なのか胃腸が弱くて嘔吐・下痢を繰り返していたので2009年6月手作り食に切り替えました。
6歳の時に前十字靭帯断裂したり11歳で僧帽弁閉鎖不全症になったり色々ありました。
僧帽弁閉鎖不全症の投薬治療を始めてから体調不良になり調べて貰ったら脾臓に腫瘍などが見つかり合わせて治療開始。
2017/3/2 夕方、容態が急変し約12時間嘔吐等を繰り返したのち3/3(金)AM5:35虹の橋を渡りました。。
12歳9ヶ月、色んな思い出を残し最後まで手のかからない子でした。


モデルしました
日本大学生物資源科学部
GREEN CAMPUS 2012 Vol60

Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]