忍者ブログ
山梨県からやってきたふわふわもこもこ洋犬ミックス壱桜(いっさ)の成長日記。たまに先代犬そらの思い出なども。。
2017.06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
午前中、そらの毎月恒例の通院に行って参りました。



この頃嘔吐・下痢は無くなり、ご飯ストもかなり頻度が少なくなってきて健康優良児になれそうな予感!(笑)

体重も11.8kgと先月と変わらずで一安心でした。



が、前々から気になっていたマイボーム腺炎(霰粒腫(さんりゅうしゅ)とも呼ばれ、人も同じようになるるやつ)が徐々に大きくなてきているんですなぁ~。



しかもこの頃は目脂も凄いので今月先生に相談してみた。

先生が診るなり「あら、前より大きいね~。今すぐにじゃないけど取ったほうが良いね。」と。

もうさ、犬は歯のクリーニングもそうなんだけどちょっとしたことで全麻なので中々決断できなくてねぇ・・・

とりあえず麻酔した際に夜に迎えに行くのは可能か?と確認を取ったら大丈夫だったので取ろうかと。

程なくして院長先生が来て(ここの病院院長以外にDrが5人くらいいる)
「これは・・・そうだね。もう少し大きくなると破裂してしまうし、それでしぼんでもまた大きくなてしまう。それと大きくなると角膜に傷が付くので取るなら今だね~」と。

膿のように根まで取らないとまた出来てしまうという厄介なヤツなのでどうしてもオペしないとダメなんだとさ。

ってことで年末年始じゃなければ今すぐにでも!っと思ったんだけどこの年の瀬だしイベント盛りだくさんなので年明け~2月くらいまでの間に予約を入れようかなと。

それに何より全麻は亡くなってしまう子も稀にいるので「ご主人と相談してきてください」と言われたので勿論相談さ。

ちょいとぶるうになったけど何事も無ければ(無いだろうケド)日帰りでOKだったのでワタシも一安心♪

シニア目前にこんなんなっちゃったけどこういう事があると毎日しっかりチェックしてケアしてて良かったなぁ~と思ったわ。

そんなカンジの年内最終通院でした。



本日の診察代

爪切り・肛門腺絞り    500
エストリール(15T)    1.200
-------------------------
      合計    1.700円







ただいまコメント欄を閉じております。
コメをして頂ける方はお手数ですが拍手のほうからおねがいいたします。。


にほんブログ村 犬ブログ へ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
c.h.i.e.z.o.u
性別:
女性
職業:
ご飯・お散歩要員(笑)
自己紹介:
くま(旦那)・壱桜と横浜の端っこでの3人暮らし。
2017/3/3にそらを亡くし当分わんこは・・・と思っていたのですが縁あって壱桜に出会い迎えることになりました。
それに伴い「そらいろにっき」から「何して遊ぶ??」に変更。
壱桜の成長日記とたまにそらの思い出話なども。。

壱桜の誕生日



里親募集中!!
ワンコ・ニャンコを飼いたい!と思ったらまずはココから。 ペットのおうち


犬・猫を家族に迎い入れる前に。
ペットショップにいくまえに
犬と猫に危険な食べ物

犬の十戒
猫の十戒
犬の聖歌
虹の橋

メールはコチラ
ブログ内検索
RSS

お友達リンク
そらのこと。



左から:海くん(カイくん)・そら・はなちゃん・ももたろうくん


そら 2004/6/18生まれ ♀ 
里親募集掲示板で一目ぼれし数ヵ月後我が家の一員に。
♂♀2匹ずつの4匹兄弟の末っ子。
生まれて来たときも一番小さかったようですが未だに一番小さいです(笑)
それが原因なのか胃腸が弱くて嘔吐・下痢を繰り返していたので2009年6月手作り食に切り替えました。
6歳の時に前十字靭帯断裂したり11歳で僧帽弁閉鎖不全症になったり色々ありました。
僧帽弁閉鎖不全症の投薬治療を始めてから体調不良になり調べて貰ったら脾臓に腫瘍などが見つかり合わせて治療開始。
2017/3/2 夕方、容態が急変し約12時間嘔吐等を繰り返したのち3/3(金)AM5:35虹の橋を渡りました。。
12歳9ヶ月、色んな思い出を残し最後まで手のかからない子でした。


モデルしました
日本大学生物資源科学部
GREEN CAMPUS 2012 Vol60

Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]