忍者ブログ
柴犬系雑種そらのほぼ通院日記(汗)
2017.04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
日曜日に診てもらった神山先生にお礼と報告を兼ねてお昼過ぎ(診察終わる時間あたり)に電話しました。

まずは日曜日のお礼・昨日の診察結果、治療方針を報告。
先生もオペしないで投薬治療というのでかなりホッとしたようなカンジでやっぱり麻酔は怖いからね・・・と。
体重も3日間で増えてるし食事もしっかり摂ってる・散歩時の歩くスピードも速くなったというのも話たら「おぉぉぉぉ、それは良いね~~~!」と言ってもらえて何より。
まぁ腫瘍が良性なのか悪性なのかは凄く気になるけどそこは院長の治療方針を信じてということで。

そして普段中々聞けない質問・相談にも乗ってもらいかなりアドバイスを貰てワタシもホッとしました。
ホント勤務医の頃はあの病院忙しいから聞けなくてね。。
いや今の病院でも忙しいとは思うけどホントあそこは戦場な位患畜が多いしね。

また何かあったら連絡します、と言ってまたお礼を言い電話を切ったけどホントあの先生良い人すぎる。
泣けてくる位。
あの病院はホント良い先生を育成してるなぁとずっと通ってて良かったなと思いました。
ていうかそらを譲って下さったIさんが教えてくれなかったら他のとこ行ってたからIさんに感謝。





・・・と本来ならここで終わるんですが、先程急すぎる話が。
義実家で飼っているキャバリアのケンタ(たまーにこのブログにも出てきてるけど)が今日のお昼過ぎに亡くなったと旦那から電話が。

キャバリアは先天性心疾患が多い犬種なので義父達も気を付けてはいたけど今朝散歩していたら突然倒れてその後何回か起きて歩いたけどまた倒れて・・・となり抱えて自宅に戻りタクシー呼んで近所の病院へ。
そこで処置をしてもらって夕方くらいまでは持つかもしれないと言われたらしいがお昼に呼吸が止まってしまったとのこと。

そらと同い年だしいつまでも元気で居てほしかったんだけどね。。





突然すぎてなんて言っていいのか分からずまだ義実家に電話できないからいつ火葬とかそういうのも分からないけど土曜日に会いに行く予定。
ケンタ、虹の橋からそらを見守っててね。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

PR
病院行ってきた。 
本来休診日だけど緊急性のある患畜のみの診察・オペなので待合室は誰も居なくて静か。
入院してるわんにゃんの鳴き声が遠くから聞こえるのみ。 



診察結果は 
体重10.87kg 日曜よりも0.37g増 

日曜に朝霞まで行って神山先生に診てもらったんだけど昨日神山先生からK先生に電話があったらしい。 
診断結果の共有で一応神山先生のほうが先輩なのでってのもあるかもだけど神山先生は血管肉腫を疑っていたけどK先生は自分の担当患畜が最近悪性リンパ腫でエコーが似ていたってのもあってそっちを疑ってた、というのもあったからかもしれない。 
けどK先生もイヤな顔せず神山先生の意見も取り入れていたしあと院長も診てくれて結果は 
やはり12歳という年齢・心臓疾患があるのでオペ内容自体は問題ないけど麻酔のリスクが・・ 
だよね、だよね~とワタシ達も思ったけどやっぱりその通りで。 

そして失礼な話かもしれないけど、そらちゃんは12歳だしあと10年生きるとかだったらオペを推奨するけど普通に考えて寿命は15歳位。 
だからここで急いでオペして麻酔で亡くなってしまうとか考えるよりそのまま投薬治療でも2年は生きると思う、ということでした。 

院長が心音聞いたらやはり心臓肥大(僧房弁閉鎖不全症)だね、と。 
腫瘍のほうはステロイドで抑えつつやっていこう。 
という見解になり(ワタシ達が大学病院よりも山口獣医科でお願いしますと言ったので)投薬治療になりました。 

うんちの状態もかなり良くなっているのでそれもあったんだけど、それでも心薬2種類は続行・プレドニゾロン(ステロイド)追加。
 

今残ってる抗生剤はあと3回分飲み切って終わり。 
ということで3種類の薬を飲ませて様子を見ることになりました。 
オペしなくて良いという点では安心したけど薬か~というカンジ。 
実はピルポケット、昨夜からバレて飲まなくなってて・・今はササミに入れ込んで何とかだけどそのうちバレれるので試案ちう。 

そうそうもしオペするならK先生が執刀だったんだけど、院長と相談してたら院長のやり方のほうが早く終わるって聞いてさすが院長だなぁと。 
院長の診察・説明も分かりやすかったし。 
つかホントあの病院の先生だったらどなたでもと思う位の腕を持ってる人ばかりだからあれなんだけど、やっぱ院長って印籠がドーンとくるよね(笑) 

という訳で次回は2月末。
またK先生と院長の診察になるそうです。

診察代   500
薬代    2000
薬代    1000
------------------
合計    3500円


にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

10日金曜日に再診察でした。

それまでの体調は・・・
下痢はそのまま。
お粥しか食べてないからかそんなにうんちも出なくてしかも水のよう。
でも食欲はある。
ただ、体力がないからか散歩(おしっこだけの)も行きたがらず尻尾が下がったまま。

という事を伝え診察。

流石にこの日は日曜よりも食欲が増しているて元気があったようでエコーの時に暴れたので飼い主保定でムリがあったので看護士さんとバトンタッチ(笑)
迷惑かけたけど他の子よりも大人しいのでワタシ的には少しでも元気になってくれて良かったなって思った。


結果は・・・
エコーで診てもらったところ腹水は無くなっているけどやはり脾臓の腫瘍は認められる。
下痢のほうもここまで続くと腸内環境のバランスだけではないかもしれないので他の抗生剤に切り替え。
薬はちゃんと飲ませられた?と聞かれ全ての日しっかり飲めた訳ではないけど全く飲ませられなかった日はないと伝えると、そうだね、腹水が無くなってるから多少は飲めてるね、と。


それでも腫瘍を大学病院に行かずにK先生の執刀で摘出する方向に。
それでも下痢がまだ治まってないから他の症状も疑えるのでまた様子を見ることに。


エリスロシンより変更。
バイトリル  50mg 1日1回 1.5錠

その他の薬は追加で処方。
心臓の薬 10mg 1日2回
バイトリル 50mg(抗生剤) 1日1回 1.5錠
フロセミド 10mg(利尿剤) 1日1回 半錠
アピナック 25mg(心臓の薬) 1日1回  ←元から飲んでいる薬

今回は強い味方のピルポケットがあるので今のところ薬はパーフェクト!
そして体重が9.7kg。腹水が抜けたのと食欲不振で1kg減。
そらは毛が短毛の子よりは割と長いモフモフな子だけど見た目も触っても骨が出てるのが分かる位に痩せてしまったので今後の事も含めて体力を付けさせるために普通の食事に徐々に戻して、とのことだったのでご飯は通常の手作り食を通常量に戻したところ食欲旺盛は変わらずなのでそのまま完食に。
お昼位にはササミ(茹でたのを裂いたもの)少しやボーロ等のおやつをあげてみたりしてます。
そして前回通院時の心臓の薬追加分を飲ませ始めてから咳がホントに少なくなったり昨日からはうんちもまだ柔らかいけど掴める程度になってきたのでやっと腸内環境が良くなってきたのかな。
先生が言っていた最悪なことにはなってないと思いたい。。

そして次回の診察は15日(水)の午前中。
本来は休診日なんだけど手術や緊急の対応はしているらしく(午前中のみ)今回は緊急性がありそうだからと予約を入れてもらえました。


診察代   500
検査代   1000
薬代    700
薬代    1400
薬代    2100
------------------------
合計    5700円




-----------------------------
帰宅後の夜、ふいに友人とLINEをしたら前に担当してくれていた神山先生の話になり(友人のワンちゃんも同じ先生に診てもらってた)その友人は実家が横浜で今は埼玉県に住んでいるので神山先生が開業した病院にちょっと顔出したんだよー、そしたらそらちゃんの事も心配しててさ、ってのを聞いて旦那に話をしたら・・・
そうか・・それは嬉しいね。先生の病院ってどこだっけ?って話になり埼玉県朝霞市なので行けない距離じゃないね、となって7年間位そらを診てくれていて一番良く知っている先生だから意見聞きたいよねという事になり昨日セカンドオピニオン的なカンジで(カルテとかないしさ)行ってきました。

いや、朝霞市遠かった(笑)
そしてキレイな病院。

でもやっぱりそらの元主治医、診察・エコー等してもらいやはり診断は同じ。
説明も凄く分かりやすく丁寧にしてくれて神山先生も脾臓は取ったほうが良いと思うと言ってくれたのでもうその方向で行こうってホントに思った。

そらは3か月ぶりのご対面だったけどしっかり覚えていて怯えてました(^_^;)
帰りには処方食の缶詰をお土産に頂いて帰ってきました。
そらは長距離ドライブ&挙句の病院で疲れたけどホントに行って良かった。

神山動物病院
〒351-0012
埼玉県朝霞市栄町3-7-38
048-424-8126
http://kami-vet.net/
恐らくご夫婦とご両親でやられていると思われるので本当に良心的でした。
お近くの方、1度行ってみて下さい!ホントに良い先生です。


ということでK先生には神山先生のとこに行ったのは言えないけど(汗)ワタシ達夫婦はかなり心強い意見を貰えたので今度の水曜日のK先生の診断もさほど怖くないかな(汗)


行きは下の道で行って凄い渋滞に巻き込まれた箇所が数か所あったので帰りは遠回りだけど首都高+東名を使って帰宅。
往復ともソフトケージには入れずリードはつけてるもののフリーにしてたのでイキイキしてドライブを楽しんでいたそら(笑)

サイドミラー越しに時々顔を出しているのが可愛かったなぁ~(*^_^*)

という訳で次回診察は15日の明後日。
結果が出たらまた更新します。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

先週徐々に食欲が落ち、金曜から殆ど食べなくなり嘔吐・下痢もするので日曜に受診。

いつも指名してるA先生がお休みだったので無指名で他の先生に診て貰った。

症状を話すと即血液検査と、言われ検査に。
血液検査の結果は肝臓の数値が気持ち高いけど気にする程ではないとのこと。
ではエコー検査となり診てもらうと腹水が溜まっているのと脾臓に腫瘍(脂肪か?)らしきものが見つかり食欲ないのは恐らく腹水でしょう、でも下痢・嘔吐は分からないので便の検査へ。
そしてエコーで診た際の腹水も少量採取しこれも検査へ。

便のほうは腸内に居る菌が体力が落ちて過剰に増えたためでしょう、となり抗生剤処方へ。
腹水はこれと言って問題はない。

そして問題の腹水の原因は先生の診たてでは2つ。
僧房弁閉鎖不全症か脾臓の腫瘍。

どちらもアヤシイけどひとまず僧房弁閉鎖不全症になっているので恐らくそれが悪化して溜まったという見解でまずはそちらの治療をしましょうということになり薬が増える事に。
とりあえず1週間様子をみることになり1週間分の薬が処方されました。

そしてもし脾臓の腫瘍からであれば今通院してる所では専門医も設備も足りないので大きい所へ(大学病院)ということで、そこでできることからの心臓病から。



左から
心臓の薬 10mg(シートに入ってなかったので名前分からず) 1日2回
エリスロシン 200mg(抗生剤) 1日2回
フロセミド 10mg(利尿剤) 1日2回
アピナック 25mg(心臓の薬) 1日1回 ←元から飲んでいる薬

と大量に処方(汗)

それと食欲がないのは体力が落ちる一方なのでなるべく食べさせて下さいと言われササミ出汁のお粥を作ることに。

それでも薬が効き始めるまでは食べても胃がびっくりして嘔吐することがあり、食べたくても食べれない状況になっていたため流動食も購入。


パウチのほうはまだ使ってないけど缶のほうはかなり嗜好性の強いものなのでこれは2回に分けて使用。
流動食しか受け付けなかったので薬飲ませるのも大変でほぼ失敗。

ピルガンで試してみてもやはりダメで・・・



薬のほうは最初はプロセスチーズの中に入れたものでも食べてくれたんだけど量も多いし苦いものもあるみたいで次からNG。
なので裂いたささみに入れるもやはり最初は食べてくれるけど次出すとNG。
この後はあの手この手でやってみるもとごとくバレてNG。

今反応があるササミで茹でた際に出る出汁と牛乳にはちみち少量入れたゼリーを作ってそこに薬を入れてみよう!とやってみたものの冷やすとにおいが出ないのでこれもダメ。
数日ほぼ薬飲ませるの失敗。。


ワン友さんに色々アドバイスを頂いて工夫しても難しく半ば行き詰っていたんだけどふとネット通販で全然探してない事に気づいて探すと色々出てくる(笑)
なもんでとりあえず有効そうなグリニーズのピルポケットとおくすりちょうだいをあす楽でポチった。

それが昨日の午前中の出来事だったんだけど、さて薬が来るまでの夕食・翌日の朝食はどうしよう・・・と悩んでいたら基本的にチーズが好きだからちとお高いけどカマンベールチーズに入れてみよう!となり大き目に切って薬を入れ込んで与えてみると、薬が入っているのに何の疑いもなく食べてくれて大成功!
しかし人用ので塩分多いから常用は出来ないので今日の夕食からはピルポケットでチャレンジしようと思ってます。
先程届いて早速開封しひとまず何も入れずにあげてみたらやっぱりグリニーズのシリーズなので嗜好性の強いにおいもし、尻尾フリフリで食べてくれたので期待大かな?と。

そらが薬に気づくor味に飽きるまでは暫くこれで薬を飲んでくれたら嬉しいなぁと。

今朝にいたってはささみ出汁お粥を凄い勢いでガツガツ食べて完食!
それでも物足りなそうで訴えかけてくるのでわんわんカロリーの残りを飲んでもらいそれも完食。
徐々に回復している模様。

そして明日の通院で良い結果が出ますように。。

今はぐっすり寝ています。




診察代   500
検査代   7500
検査代   1000
検査代   500
検査代   300
薬代    700
薬代    1400
薬代    700
一般診療  2500
-------------------------
合計   15100円


にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
クリッククリックして頂けると嬉しいです(o^O^o)
皆様のあたたかい応援宜しくおねがいしま~~す♪

拍手

そらの兄弟・姉妹たち





左から:海くん(カイくん)・そら・はなちゃん・ももたろうくん
受賞しました♪
2010/2/12
Cool Dog Site
of the Day JAPAN
誕生日
ブログ内検索


プロフィール
HN:
c.h.i.e.z.o.u
性別:
女性
職業:
ご飯・お散歩要員(笑)
自己紹介:
そらとくま(旦那)と横浜の端っこでの3人暮らし。

そら 2004/6/18生まれ ♀ 
里親募集掲示板で一目ぼれし数ヵ月後我が家の一員に。
♂♀2匹ずつの4匹兄弟の末っ子。
生まれて来たときも一番小さかったようですが未だに一番小さいです(笑)
それが原因なのか胃腸が弱くて嘔吐・下痢を繰り返していたので2009年6月手作り食に切り替えました。
そして早期避妊手術の為術後3年目に後遺症として尿失禁に。
月1回の通院と2日に1回エストリール服用中。

2011/1/13 左目に出来たマイボーム摘出
2011/1/27 無事完治

2011/3/27 大好きなボールレトリーブ中に右後ろ足の前十字靭帯断裂
かかりつけ医に行くも靭帯の手術はやっておらず大学病院を紹介される
2011/4/14 大学病院にて診察
2011/4/21 手術が決定し入院
2011/4/27 退院
2011/5/11 抜糸

2011/8/29 手術から3ヶ月の経過は順調で毎月の通院から次回は3ヶ月後の12月位となりました。
それでもまだまだ油断は出来ないので今まで通りのお散歩で様子を見て行こうかと思っています。

2011/11/28 術後半年にて走ることと長距離の散歩が解禁となりました。

2012/5/31 半年振りの通院にて完治!怪我をした右足にシッカリと筋肉が付き、関節液の出方も少ないし何より歩行に問題がないので完治!という事になりました!!
怪我をして1年2ヶ月・・・結構長かった~(汗)
治ったからと言っても油断は出来ないので前のような激しいレトリーブは出来ないし↓の禁止事項はそのままなのですが足枷が取れたようなカンジでホッとしています。

禁止事項
・階段上り下り(特に降りるのが危ない)
・フリスビー
・後ろ足2本立ち
・滑る床での生活(マットなどを敷いて滑らないようにする)

2012/11/21 10月の診察でも聞こえたらしいが心雑音アリで「僧帽弁閉鎖不全症」と診断。
今すぐ検査・投薬治療という事ではないので一安心。
でも咳や疲れやすいなどの症状には目を光らせなければならない要経過観察という状態です。

2016/10/20 少し前から咳の症状が出てきてしまい酷い時には毎明け方酷い咳き込みをするようになったので投薬治療開始。
フォルテコール5mm×1Tを毎日飲ませ2週間様子を見たところ咳が収まりつつあるので「僧帽弁閉鎖不全症」からきている症状となりフォルテコール服薬継続が決定。
飲ませてからは空咳がたまに出るものの普段と変わらぬ生活をしています。

2016/12/26 諸事情によりフォルテコールからアピナックに、尿失禁が落ち着いているのでホルモン剤エストリールを1日おきから3日おきに減薬

2017/1/30 咳・関節に効くというのでサプリメントをシノヴィからアンチノールに、更に先月より減薬しているエストリール、減薬しても症状が安定しているので5日おきに減薬。来月も安定していれば投薬中止予定。

2017/2/15 脾臓に出来た腫瘍を摘出するか迷ったが院長・主治医の見解により麻酔のリスクが高いので投薬治療のみにすることに。
心薬2種類・ステロイド服用開始。

2017/3/2 夕方、容態が急変し約12時間嘔吐等を繰り返したのち3/3(金)AM5:35虹の橋を渡りました。。
12歳9ヶ月、色んな思い出を残し最後まで手のかからない子でした。
里親募集中!!
ワンコ・ニャンコを飼いたい!と思ったらまずはココから。 ペットのおうち


犬譲渡BLOG
~いつでも里親募集中~


犬・猫を家族に迎い入れる前に。
ペットショップにいくまえに
犬と猫に危険な食べ物

犬の十戒
猫の十戒
犬の聖歌
虹の橋

メールはコチラ
モデルしました
日本大学生物資源科学部
GREEN CAMPUS 2012 Vol60

Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]